マイル交換方法

地味にすごい・・・ポイントをマイルに変える方法?

メトロポイント→マイル 「ソラチカカード」の意味不明なチカラ

お勉強の時間です・・・。まずはマイルに近い順から(私が)理解していこうと思います。

先日、無事にANA To Me CARD PASMO 通称「ソラチカカード」が届きました。ソラチカカードでマイルを貯める仕組について可能な限り分かりやすく説明してください・・・と何度もダンナ様に聞きました。参考にしている(信仰?)某陸マイラーさんのサイトを熟読し、牛のように1度 内容を飲み込んで吐き出した答えがコレ↓

まず、ソラチカカードには JCBのクレジットポイント「Oki Dokiポイント」、東京メトロやPASMOの使用で貯まる「メトロポイント」、ANAのフライトマイルやボーナスマイルが貯まる「ANAマイル」の3つのポイントシステムがあります。それぞれ貯まったポイントは下図のように相互交換が可能です。

point 交換

この陸マイラー生活で重要なのは、赤い色のラインのメトロポイントからANAマイルへ交換ルートだけです!他の2ルートはダンナ様の陸マイラー生活ではあまり必要ないそうです。

ここで注目すべきはメトロポイントからマイルへの移行レートです。

100メトロポイントは90マイルになります。

同じことを、T−POINTで考えると、100ポイントは50マイルにしかなりません。せっかく貯めたポイントの価値が半分になってしまします。

付与されるポイントはキャンペーン等によって変動しますが、ショッピングに関しては両者とも基本200円で1ポイントです。いかに交換レートが良いか解ります。・・・

なるほど!じゃんじゃんメトロポイントを貯めて、じゃんじゃんANAマイルに交換して言っちゃえばOKね。

・・・と言いたくなりますが、メトロポイントをマイルに交換する際の注意点がいくつかあります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-22-13-25

 

上図の※部分◇メトロポイントからマイルへの移行は月1回のみとなります。 ◇移行のお申込みからマイルとしてご利用になれるまでに、約1~2ヶ月かかります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-15-01-50

 

◇マイル移行上限はメトロポイント20,000ポイント、マイルにして18,000マイルまでです。

つまり、

メトロポイントを大量に貯め込んでも、マイルに移行できるのは月に1回、20,000ポイント(18,000マイル)までです。

また、移行に最長2ヶ月はかかるのですぐにANAマイルとして利用できません。計画性が必要になります。

このソラチカカード→マイル移行がルーティーン化すると、1ヶ月に18,000マイル 1年で18,000×12ヶ月=216,000マイル!溜まっていく、

「夢の年間20万マイル超え」 というわけです。ここがソラチカカード作成の極意なのです・・・!

 

「わー、夢のような計画ぅー(棒読み)」心の声です。

コレの盲点、実現すれば!

 

しかし、この「ソラチカカード」は買い物には使用しない(決済には使わない)のだから、どのような方法で多くのメトロポイントを獲得するか、です。

ネットポイント→メトロポイント ポイント交換マジック

ここ、重要です。理解するのに時間を要します、

そして私は未だ完璧に理解できていません・・。

前回記事で書きましたが、ポイントサイトを駆使することで、使うお金を最小限により多くのポイントを獲得できます。

いろいろなポイントサイト(ハピタスやポイントタウン・・etc)で貯めたポイントをメトロポイントに交換する、と言う事です。   →陸マイラーとソラチカカード

 ハピタス→ポイント交換

ハピタス経由で買い物やお友達紹介をしてポイントを貯めます。ハピタスのポイントは直接マイルにはできないため、中継サイトを経由します。

ルートは2つ、

「.money」を使うルートと「Pex」を使うルートです。

交換レートは同じで手数料はかかりませんが、次の手順でメトロポイントに交換する際に、Pexルートの方は1回500p必要になります。

以前はPexルートが主流でしたが、今は手数料のかからない「.money」ルートが主流のようです。

 

%e3%81%af%e3%81%b4

ハピタスで貯まった1,000ポイントは、.moneyを経由させるとそのまま1,000ポイントのメトロポイントになるのですね。手数料も無いですし、単純明快で解りやすいです。

 ポイントタウン→ポイント交換

次は、モニターやアンケートでたくさんのポイントが貯まる「ポイントタウン」の場合です。

ポイントタウンで貯めたポイントは実は直接ANAマイルへ移行することができ、交換レートは下記のとおりです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-22-14-10-25

交換にかかる期間は1週間程度で手間もかかりません。

では、「ソラチカルート」ではどうなるでしょう?

ポイントタウンは「.money」には交換できないのでポイント交換サイト「PeX」を使ってポイントの交換をします。下の図を参照してください。

siro%ef%bc%91

 

同じようにポイントタウン7,000ポイントで考えた場合上記のように、メトロポイントの時点で350メトロポイントです。

メトロポイント350ポイントをANAマイルに移行すると0.9掛けですので315マイルになります。

ポイントタウン→ANAマイル直接交換だと7,000ポイントは100マイルになるところ、

ソラチカルートだと7,000ポイントが315マイルになり215マイルも多く交換できます。

ここまで、いいですか〜?次です

GetMoney! →ポイント交換

同じように、クレジットカード作成で大きくポイントを獲得できる「GetMoney!」はやはり、PeXを通すルートが一番交換レートが高く、下図のようになります。

 

siro

 

 

貯めたポイントをいかに多くのマイルに交換できるか・・・この点においてソラチカ→ANAマイルのルートは陸マイラーにとっては必須のルートなのです。

 

ただ、要注意!PeXを通してメトロポイントに交換する際、交換手数料として500PeXポイントが必要になります。

また、交換にかかる期間も要注意です。PeXからメトロポイントに交換する際に最長で2ヶ月を要するとなっています。

前述した通り、メトロポイントからマイルに移行するのにも最長で2ヶ月かかるので、流れを作る第1歩を踏み出すのに4ヶ月かかってしまうということを忘れないでください。

・・・とても気の遠くなるハナシです。

なんか、数字のマジックにかかった気分になりませんか?

「ハピタスの1,000ポイントは900マイルになるのに、ゲットマネーの1,000ポイントは90マイルにしかならないじゃん・・ポイントタウンに至っては1,000ポイントで〜???・・・45マイル?」みたいな。

大丈夫、・・・だそうです。ダンナ様曰くポイントサイトによってポイントのレートが違う、と。マイルに換算されたときの価値はあまり変わらないそうです。

本来、明確にするため「1マイル●円の価値」と試算するようですが私はまだ全く理解できていません・・・。色々、やっていくうちに覚えるのかな?

要するにソラチカカードって必須、なんですね?

 

ふ〜・・たくさん調べて、やっとここまで書いてきました・・・。

JCB ANA To Me CARD PASMO「ソラチカカード」が陸マイラー生活にとって如何に重要であるか 、は解った気がします。

百戦錬磨の陸マイラーの方々からすると、「いやいやいや、全然・・・」かもしれませんが、

今の私にはここまで理解するのが精一杯のようです。

頑張るダンナ様のチカラになれただろう、と自負し満足することにします(-_-;)

 

 

読んでいあただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です